人気ブログランキング |

薩摩の石組み

ishigumi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 10日

№2平松城址

e0206650_1424514.jpg

背後に山城・岩剣城跡がある
e0206650_14224395.jpg

姶良町脇元の国道10号から県道57号麓重富停車場線を吉田町麓に向かって約800m進み、ここを左折すると平松城跡に着く。
 平松城の築城時期は不詳だが、島津義弘は慶長11年(1606)帖佐から、ここ平松に移り加治木に移るまでの居城とした。その後、義弘夫人や義弘の娘御屋地様が住んだ。時代は移り元文2年(1737)には重富郷が創設され、平松城は越前島津家の領主の舘となった。明治維新後はこの地に重富村役所や平松小学校が置かれたが、現在は重富小学校となっている。城跡は周囲約650mを高さ約2m(正面)の野面石積みで囲まれ、北側正面には幅11m、長さ約280mの「館の馬場」が現存している。また近くには岩剣城跡、岩剣神社、円明院跡、狭霧神社、愛宕神社、越前島津家菩提寺紹隆寺跡等の史蹟がある。【姶良町郷土誌】
場所:東経130度36分16秒,北緯31度42分22秒。

by ishigaki2010 | 2010-10-10 14:15 | 城の石垣


<< №3白銀坂      №1宇都御屋地跡 >>