人気ブログランキング |

薩摩の石組み

ishigumi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 24日

№44 江田邸屋敷跡

e0206650_2152830.jpg

江田邸があった水上坂の旧薩摩街道              
 鹿児島市常葉町の市道水上坂・横井線の常磐バス停から水上坂を約500m登ると道路右側に江田邸屋敷跡がある。
 ここは鹿児島市東千石町の鹿児嶋縣里程元標を起点とし、甲突川の西田橋を渡り、西田本通り、常磐町、水上坂を経て伊集院、出水に至る参勤交代時代の薩摩街道出水筋にあたる。
江田家は薩摩藩の中級武士の家柄で、安政4年(1857)江田国雅は藩主斉彬の時、御鉄砲奉行役、御使番役であった。約200年前に造られた江田邸は今は無く、江田家は神当流馬術の師範家であったと云われ、当時の主屋などの配置図は記録として残っている。現在、屋敷跡の確認は難しいが、水上坂沿いの僅かに残る石垣にその名残を見るこが出来る。                  【鹿児島のおいたち】
場所: 鹿児島市・常磐町 北緯 31゚35′22″ 東経130゚31′40″ 
e0206650_9242992.jpg

江田邸跡の石垣が薩摩街道・水上坂沿いに僅かに残っている 









 

by ishigaki2010 | 2011-05-24 21:19 | 武家屋敷


<< №45 小松帯刀下屋敷跡      №43 島津家玉里別邸跡 >>