人気ブログランキング |

薩摩の石組み

ishigumi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 27日

№46 島津家菩提寺・福昌寺跡

e0206650_13264121.jpg

福晶寺墓地の山手にはキリシタン墓地がある             
 鹿児島市大竜町の県道25号鹿児島蒲生線の坂元入口交差点を北へ約300m進むと鹿児島市立玉龍高等学校に着く。ここが明治初年の廃仏毀釈で廃寺となった島津家の菩提寺・福晶寺跡である。
 玉龍山福晶寺は応永元年(1394)島津一族の石屋真梁禅師を開山に島津家7代元久が建てた寺である。福晶寺墓地には島津歴代(6代~28代)とその一族と福晶寺歴代住職の墓石がある。また明治2年(1869)に長崎浦上のキリスト教徒375人が捕らえられ福晶寺に収容されたが、この地で病死した58人のキリシタン墓地も福晶寺の背後山手にある。                     【鹿児島県の歴史散歩】
場所: 鹿児島市・池之上町 北緯 31゚36′38″ 東経130゚33′44″ 
e0206650_92843100.jpg


日本三大僧録所で最盛期には1,500余人の修行僧が居たと云う巨大寺院福晶寺跡

            

by ishigaki2010 | 2011-05-27 13:35 | 神社仏閣


<< №47 伊敷の第45聯隊跡 そのⅠ      №45 小松帯刀下屋敷跡 >>