人気ブログランキング |

薩摩の石組み

ishigumi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 08日

№52 入来地頭仮屋跡

e0206650_9552862.jpg

 史跡清色城跡・鹿児島藩第三郷校跡
  薩摩川内市入来町麓地区の旧国道328号沿いの入来支所に隣接して入来小学校がある。
 ここは、清色城・別名入来城と称され、中世入来院渋谷氏の居城があったところである。この山城は14世紀末頃の築城と推定され、南北約650m、東西約840m、東南北の三方を樋脇川(清色川)が自然の堀を形成し、高さ780mの断崖が堅牢な山城を形成していた。山城の東麓には領主居館があり藩政時代は同所を仮屋と称した。仮屋跡は明治の廃藩後、入来小学校敷地となり現在に至っている。【入来町誌・下巻】
場所: 薩摩川内市・入来町麓 北緯 31゚48′12″ 東経130゚25′56″ 
e0206650_936328.jpg

集落に残った古い石蔵
e0206650_9375882.jpg

 お仮屋馬場に面した屋敷跡
e0206650_1002862.jpg

 
 玉石垣と生垣を特徴とする入来の石垣

by ishigaki2010 | 2011-06-08 09:42 | 御仮屋跡


<< №53 入来武家屋敷跡      №51 平佐東小学校の石垣 >>