薩摩の石組み

ishigumi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 26日

№123 山川石の屋敷

e0206650_20571862.jpg


写真286 山川潮見町の山川石のお屋敷
■アクセスと歴史背景                 
指宿市山川・潮見町の山川支所の斜め角前に山川石の石垣で囲まれた立派なお屋敷がある。
 このお屋敷の石垣は黄色みを帯び、華やかな色合いの山川石が使われている。山川石は薩摩半島山川湾南部一帯に分布する岩石で、山川火砕流に属している。墓石や灯籠などに利用されており、風化した軽石を多く含んでいる凝灰岩である。鹿児島市の島津家の菩提寺福昌寺にある島津斉彬をはじめとする藩主の墓石にも使われている。
場所:  指宿市・山川潮見町 北緯 31゚12′13″ 東経 130゚38′20″ 
e0206650_2131834.jpg

                 写真287 黄色みを帯びた華やかな山川石
[PR]

by ishigaki2010 | 2011-10-26 21:04 | 民家の石垣 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishigumi.exblog.jp/tb/16213119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< №124 隈之城の麓屋敷      №122 山川・地頭仮屋跡 >>