薩摩の石組み

ishigumi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 05日

№143 花倉の共同井戸

e0206650_9344762.jpg
写真336 賑やかであった共同井戸は湧水量も減っている
■アクセスと歴史背景                 
鹿児島市吉野町花倉の国道10号とJR日豊本線の立体交差地点から花倉病院方向に約100m程の線路脇に花倉集落の共同井戸がある。
 この共同井戸は、かつては、背後の吉野台地を水源とする水量豊かな湧水で、賑やかな井戸端会議の光景が見られた場所と思われるが、今は湧水量も減少して、ひっそりとしている。なお、花倉地区は吉野火砕流の溶結凝灰岩の露頭が各所に有り、崖崩れが多発する地区でもある。                       場所: 鹿児島市吉野町花倉 北緯 31゚37′27″ 東経 130゚35′22″ 
e0206650_9394591.jpg
  
 写真337 石垣のみが昔の面影を残している 高さ3.6m 10段
[PR]

by ishigaki2010 | 2011-11-05 09:40 | 石垣


<< №144 清水城跡      №142 竜ヶ水の石積み >>