薩摩の石組み

ishigumi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 07日

№150 美山の石垣

e0206650_1053011.jpg
写真353 元外相東郷茂徳邸の正門と石垣 
アクセスと歴史背景                 
日置市東市来町のJR東市来駅前から国道3号を鹿児島方向に向かい、美山入口の跨線橋から県道24号鹿児島東市来線を伊集院方向に約1.3km行くと美山交差点に着く。ここから美山集落の美山上の方に約200mに進むと道路左側に元外相東郷茂徳記念館がある。
東郷茂徳氏は薩摩焼発祥の地、美山に渡来した陶工の末裔で先の大戦の開戦・終戦時には外務大臣の職にあり、戦後はA級戦犯に指定される等波乱に満ちた人生を送った。昭和53年「昭和殉難者」として靖国神社に合祀されている。なお、記念館敷地内には生家跡や東郷家の登り窯跡がある。【東市来町誌】
場所:  日置市・東市来町美山 北緯 31゚38′36″  東経 130゚21′41″
e0206650_10101834.jpg

写真354 正門左側の石垣塀 8段積み,高さ2.4m
[PR]

by ishigaki2010 | 2011-11-07 10:11 | 石垣


<< №125~150までの分類      №149 JR肥薩線の会田川暗渠 >>