薩摩の石組み

ishigumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 29日

№11国分舞鶴城址・こくぶまいづるじょうし

e0206650_1155816.jpg

南に水堀、北に山を擁した舞鶴城跡
■霧島市国分広瀬西の国道10号交差点を起点とする県道60号国分霧島線を北へ約3.4km進み、国分中央1丁目交差点を東南方向に約400m行くと舞鶴城跡に着く。
 舞鶴城は慶長9年(1604)島津義久が築城した。義久は隼人の富隈城からここに移り、慶長16年(1611)に亡くなる迄ここを居城とし、義久亡き後は三女亀寿姫がこの城で過ごした。城は濠を隔てて池之馬場に面し周囲は野面石積みで囲まれている。また、島津斉彬は幕末の頃、鹿児島の鶴丸城が海に近接し国防上問題があるとして、ここ舞鶴城に移転を検討したと伝えられている。現在は国分小学校と県立国分高校敷地となっている。                     【鹿児島県の歴史散歩】
場所:霧島市国分中央、東経130度46分24秒、北緯31度44分26秒。
e0206650_1526231.jpg


島津義久没後、舞鶴城には三女亀寿姫が寛永7年(1630)に亡くなるまで、ここに居住した。
[PR]

by ishigaki2010 | 2010-11-29 11:41 | 城の石垣
2010年 11月 20日

№10富隈城址・とみくまじょうし

e0206650_11172236.jpg

霧島市隼人町浜之市の国道10号と国道223号の交差点を野口方向に約200m進むと国道223号の東側が富隈城跡である。現在は稲荷神社、公園、住宅地、NHKのアンテナ鉄塔敷地となっている。
 富隈城は島津義久が文禄4年(1595)に築造した屋形造りの城で、義久が慶長9年(1604)に国分の舞鶴城に移るまでここを居城とした。城は東西約150m,南北約250mの小高い丘を石垣と堀で囲んで造られ、野面積み技法で積まれた石垣は肥後八代の種山の石工達が築いたと云われている。標高32mの丘からは姶良カルデラを形成する錦江湾奧と桜島が展望できる。 場所:霧島市隼人町住吉、東経130度44分12秒、北緯31度43分38秒      【現地案内文】
e0206650_15204176.jpg



野面積み技法で積まれた石垣は肥後八代種山の石工が築いた。400年の時が経過した石工達の技が今に残る。
[PR]

by ishigaki2010 | 2010-11-20 11:43 | 城の石垣
2010年 11月 12日

№9龍門司坂・たつもんじざか

e0206650_2321357.jpg

九州自動車道の加治木ジャンクションの北側の側道から網掛川沿いを上流に進むと大字木田の高井田集落に着く。この集落の山裾に龍門司坂の登り口がある。
 この龍門司街道は加治木町小山田・毛上に通じる道で、ダシモン坂とも言い伝えられており、加治木4代領主島津久門の時代、元文6年(1741)に石畳敷の道になった。石の産地は木田樋ノ迫。明治10年(1877)には西郷隆盛が率いる薩摩の軍勢がこの道を通り熊本に向かったと云う。平成18年、国史跡に指定(延長464m)するよう答申された。               【加治木郷土誌】場所:加治木町高井田、東経130度39分58秒、北緯31度45分17秒。
e0206650_15173419.jpg

石材は東隣の「樋の迫山」から切り出された。
[PR]

by ishigaki2010 | 2010-11-12 23:08 | 石の街道
2010年 11月 12日

№8 加治木島津家屋形跡

e0206650_20583428.jpg

加治木町本町の国道10号ねずみ屋角から蒲生田通りを北へ約600m進むと仮屋馬場通りに突き当たる。この通りに面した北側が加治木島津家屋形跡である。
 島津家屋形跡は現在は柁城小学校、県立加治木高等学校、町立図書館、幼稚園、護国神社、島津義弘薨去地の敷地となっている。島津義弘は慶長12年(1607)に帖佐平松から当地に屋形を建てて移り住んだ。元和5年(1619)義弘逝去の後はその子家久が居住し、その後加治木島津家代々の屋形として明治初年まで続いた。また、「西南の役」の時は明治10年9月から1年間、鹿児島縣庁の仮庁舎が当地に置かれていた。                                      【加治木郷土誌】
位置:姶良市加治木町、東経130度39分55秒、北緯31度44分28秒。
e0206650_1515585.jpg


屋形跡は加治木高校、柁城小学校敷地。柁城小学校正門左の石垣は一方面積み。
[PR]

by ishigaki2010 | 2010-11-12 16:17 | 御仮屋跡
2010年 11月 09日

№7蒲生御仮屋門

e0206650_16293785.jpg

蒲生町上久徳の県道42号川内加治木線沿いの蒲生町役場敷地内に蒲生御仮屋門が再建されている。
 御仮屋は現在の役場に相当するもので、石垣高塀を巡らし中央に正門の御仮屋門があり、この門を入ると左手に鐘撞堂があったと云う。この御仮屋門は文政9年(1826)の建築で、総高4.5m,横6.1m,材木はクスノキが使用され、反り瓦屋根の両脇に小屋根が付き、袖を前方に出している。扉は観音開きで、径17cmの乳鋲が打たれている。御門は大工川崎善七の作と伝えられている。     【蒲生郷土誌】 場所:東経130度34分12秒、北緯31度45分45秒。
e0206650_1513098.jpg


袖石積み、中段左の切石は横94㌢、縦31㌢。
[PR]

by ishigaki2010 | 2010-11-09 17:36 | 武家屋敷
2010年 11月 07日

№6 蒲生の武家屋敷

e0206650_10175687.jpg


蒲生町上久徳の県道42号川内加治木線沿いの蒲生町中心市街地区はかつての郷士の居住地である。
麓地区は島津藩外城制度の衆中(後の郷士)居住の地で、整然とした道路に沿い小路がつくられ、T字路をなしている。地頭仮屋を中心とする八幡馬場、西馬場、下馬場等の広い道路は、馬術、武術鍛錬の場所ともなり道路に沿って武家屋敷が配され禄高10石以上の家では武家門が造られていた。【蒲生郷土誌】場所: 東経130度34分08秒,北緯31度45分44秒
e0206650_159222.jpg


一般郷士の屋敷は玉石囲いであったが、10石以上の禄高を持つ家では、切石積みで武家門が造られていた。切石の寸法132㌢×32㌢(写真最上段左)、
[PR]

by ishigaki2010 | 2010-11-07 10:42 | 武家屋敷
2010年 11月 01日

№5 山田の凱旋門

e0206650_91607.jpg

姶良町三拾町・山田口から県道391号下手山田帖佐線を北に約3km進むと県道40号伊集院蒲生溝辺線と交差する。この交差点近くの姶良町山田地区公民館東隣に「山田の凱旋門」は建っている。
 この石造の大門は、日露戦争に旧山田村から出征した人達の帰還記念に山田村兵事会が明治39年(1906)に建てたものである。門柱は幅90cm、奥行121cm、高さ471cmの石柱をアーチ積み石組みで連結したものである。重厚な雰囲気が漂う石造りの建造物で平成13年に登録有形文化財になっている。凱旋門をくぐって140段の石段を登ると永享8年(1436)に創建された来福寺跡地がある。    【姶良町郷土誌】 場所 姶良市下名、東経130度36分52秒、北緯31度46分27秒
e0206650_151470.jpg


門柱は幅90㌢、奥行き121㌢、高さ471㌢の石柱を308㌢のアーチ積みで連結している。
[PR]

by ishigaki2010 | 2010-11-01 14:24 | 石造構造物