薩摩の石組み

ishigumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 30日

№14 尚古集成館  しょうこしゅうせいかん

e0206650_1055580.jpg


尚古集成館は旧薩摩藩時代の機械工場
鹿児島市街地から鹿児島市吉野町の国道10号鳥越トンネルを抜けると、国道左側に磯工芸館がある。その東隣が尚古集成舘である。
 嘉永6年(1853)、第28代薩摩藩主島津斉彬は磯地区に反射炉、造船所、紡績所、ガラス工場などを建設して今で云う臨海工業団地を建設した。尚古集成舘はその時の機械工場跡である。この建物は日本最古の石造工場建築で、元治元年(1864)に着工し翌年3月に完成した。昭和37年(1962)に国の有形文化財に指定され、現在は島津家の遺品や文化財などを展示する資料館となっている。 【鹿児島県の歴史散歩】 場所:鹿児島市吉田町磯 東経130度34分35秒 北緯31度37分02秒
e0206650_16561082.jpg

創建当時はストーンホームと呼ばれた 石材は鹿児島市伊敷の小野石
[PR]

by ishigaki2010 | 2010-12-30 11:51 | 石造倉庫
2010年 12月 26日

№13 福山郷地頭仮屋跡

e0206650_15282777.jpg


上の馬場通りの福山郷地頭仮屋跡
霧島市福山町麓の国道220号と県道478号比曽木福山港線の交差点から町道・上の馬場通りを北に約200m進むと、福山郷地頭仮屋跡に着く。
 地頭仮屋跡地は旧福山町の麓地区にあり、かつて、この敷地は町立福山小学校があった場所である。その北側は福山支所、南側には福山幼稚園、宮浦神社、東側の高台には大安寺跡がある。 福山郷地頭仮屋跡は上の馬場通りにあり、その北側には福山支所、南側には福山幼稚園、宮浦神社、東側の高台には大安寺跡がある。場所:霧島市福山町麓 東経130度49分09秒、北緯31度40分19秒。
e0206650_16505669.jpg


町道・上の馬場通りの水飲み場は背後のシラス台地からの湧水を水源としている。
[PR]

by ishigaki2010 | 2010-12-26 15:47 | 御仮屋跡
2010年 12月 24日

№12 福山町に残る民家の石塀

e0206650_1756414.jpg

福山町に残る民家の石塀
国道220号を霧島市国分敷根から福山町に向かって走り、福山町境から約2kmで福山町小廻を経て浦町に着く。錦江湾を右手に見て西念寺近くの国道沿いにこの古い民家の石塀がある。
この民家の裏手には明治27年(1894)に当所に移築された西念寺がある。西念寺は明治18年に、富山信教寺野崎流天師が福山麓に説教所を設立したことに始まった。また、現在の西念寺の山門は福山小学校付近にあった永泰大安寺の山門を移築したもと云われている。          【福山町郷土誌】
場所:霧島市福山町浦 東経130度49分01秒、北緯31度40分35秒。
e0206650_15432687.jpg


海岸通りの民家の石塀は防風,防波の役割も担っているようだ。
[PR]

by ishigaki2010 | 2010-12-24 19:09 | 民家の石垣