薩摩の石組み

ishigumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 27日

№22 磯街道の石垣

e0206650_1332122.jpg


磯街道沿いの屋敷の石積み
鹿児島市磯仙巌園前の市道磯・田の浦線を磯海水浴場方向に約200m程行くと、JR日豊本線・磯街道踏切がある。この踏切から更に祇園之洲方向に150m程の旧街道沿いに、この高い石垣がある。
 磯街道は享保9年(1724)に島津吉貴による海岸沿いの新道開設に始まり、明治5年の拡幅改良、昭和33年(1958)磯~田の浦間のバイパス鳥越トンネル開通の変遷を経て、現在は市道磯・田の浦線と仙巌園前の国道10号区間を併せて磯街道と呼ばれている。付近には仙巌園を始め、第19代藩主島津光久が創建した菅原神社、磯名物のジャンボ屋が数軒、磯街道の名残を漂わせている。  【鹿児島県の歴史】場所: 鹿児島市・吉野町 北緯 31゚36′47″ 東経130゚34′29″
e0206650_18421787.jpg
 

磯街道に面した、布積み、谷積みの混合石積み    
[PR]

by ishigaki2010 | 2011-02-27 13:52 | 民家の石垣
2011年 02月 14日

№21 磯街道・屋敷跡の石垣

e0206650_14581144.jpg


前面に磯海岸、背後に山を控えた旧磯街道筋の屋敷跡
鹿児島市磯仙巌園前の市道磯・田の浦線を磯海水浴場方向に200m程行くと、JR日豊本線・磯街道踏切がある。この踏切から祇園之洲方向に50m程の所に古い時代の屋敷跡石垣がある。
 屋敷は旧磯街道沿いにあり、近くには幕末の島津斉彬時代の旧鹿児島紡績所技師館跡の異人館、島津光久が勧請した菅原神社や嘉永4年(1851)に帆船・伊呂波丸が建造された造船所跡の照国公(島津斉彬)製艦記念碑など、多くの史跡がある。                   【鹿児島県の歴史散歩】場所:鹿児島市吉野町、東経130度34分28秒、北緯31度36分54秒
e0206650_1837317.jpg


明治5年(1872)に拡幅改良された磯街道沿いの布積み石垣
[PR]

by ishigaki2010 | 2011-02-14 17:41 | 民家の石垣
2011年 02月 04日

№20 旧鹿児島線・磯海岸の石積み護岸

e0206650_1742454.jpg


1 世紀の歳月が経過した日豊本線・磯海岸護岸
鹿児島市磯仙巌園前の市道磯・田の浦線を200m程磯海水浴場方向に行くと、JR日豊本線・磯街道踏切がある。この踏切から竜ヶ水方向への軌道沿いの石積みが、旧鹿児島線・磯海岸の護岸である。
 JRの現日豊本線線は鹿児島線と呼ばれて、明治32年(1899)に着工した。鹿児島~隼人間、距離約28kmは明治34年6月に営業を開始している。工事請負者は間猛馬、星野境三郎。工事費は27万円との記録がある。現在の石積み護岸は創建当時のものであり、100年を越える歳月に耐えて軌道敷きを護っている。 【鹿児島県の近代化遺産】場所:鹿児島市吉野町磯 東経130度34分34秒、北緯31度31分58秒
e0206650_17583131.jpg


風浪に耐えてきた護岸は二重布積み護岸
e0206650_17173874.jpg


旧磯街道と並んで走るJR日豊本線と天端幅1.25mの堅固な海岸護岸
[PR]

by ishigaki2010 | 2011-02-04 17:28 | 石造構造物